【ドメイン】お名前.comにてネームサーバー設定変更をする方法(画像解説)

こんにちは。

今日は、レンタルサーバーとドメインを紐付けるために必要な『ネームサーバーの変更方法』についてです。

これをやっておかないと、サイトがうまく表示されない!?という事態になるので、ドメイン+サーバー取得後は速やかに、ネームサーバーの変更をすることをおすすめします。

 

 
なな
ちなみにネームサーバー変更は3分ほどで完了します!

 

【お名前.com】ドメインのネームサーバー変更方法

 

初心者でも敷居が低く、なおかつ低単価で利用しやすいので『エックスサーバー』『お名前.com』の利用がおすすめです!

今回は、レンタルサーバーをエックスサーバー、ドメイン取得をお名前.comで行った前提で進めていきます。

 

「お名前.com」の独自ドメイン取得方法【ブログ初心者向け】

【ブログの始め方】エックスサーバーからワードプレスのインストール方法【初心者必見】

 

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

 

ドメインのネームサーバーを変更するにあたって、エックスサーバーのサーバー情報をコピーする必要があります。

なので、まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

↓エックスサーバーは下記からどうぞ

 

ログインすると、アカウントデータなどが表示されます。

 

 

サーバーパネル➪『アカウント』➪『サーバー情報』をクリックします。

 

 

するとサーバー情報が表示されます。

このページの1番下にサーバー情報が記載されています。

 

 

ネームサーバーが5つほど表示されます。

ネームサーバー1~5をメモするか、このサイトを開いたままにしておいてください。

赤い線で囲まれた部分が、ネームサーバー変更時に必要になります。

 

  • ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
  • ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
  • ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
  • ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
  • ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

 

お名前.comにてドメインを選択

 

それではお名前.comにて、ドメインのネームサーバーを変更していきます。

お名前.comにログインしたら、ドメイン一覧画面を表示させます。

登録してあるドメイン名がずら~と出てきます。

 

 

変更したいドメイン名のネームサーバーを選択します。

※ドメイン名を取得し、まだ設定がされていないと『初期設定』と表示されます。

初期設定をそのままクリックします。

 

 

すると、ご登録情報に変更・相違はありませんか?という画面が表示されるので、『登録情報は正しいので、手続きを進める』をクリックします。

 

 
なな
これは毎回出てくることがあるので、その都度右側の青い方を選択しましょう!

 

ネームサーバーの選択

 

変更したいドメイン名を選ぶと、『ネームサーバーの選択』画面になります。

ドメインの選択➪ドメイン名が表示されるので、本当にこのドメイン名で合っているか確認してください。

 

 

『ネームサーバーの選択』➪『その他』を選択します。

 

 

すると、ネームサーバーを入力出来る画面に切り替わります。

『その他のネームサーバーを使う』にまずはチェックを入れます。

そして赤い線で囲まれた部分に、先ほどエックスサーバーでメモしたサーバー情報を入力していきます。

ネームサーバーは全部で5つ入力するので、『+ボタン』を押してサーバーを追加してください。

 

 

ネームサーバーを入力したら、最後は『確認』をクリックすれば完了です。

これでお名前.comのネームサーバー変更は終了となります。

 

登録当初は設定が反映されていないので、URLをクリックしてもエラーになったりすることがあります。

その場合は、2日くらい様子を見ましょう。

設定反映は早ければ30分くらい、遅ければ2日くらいかかる場合があります。

時間が経てば、反映されるようになります。 

 

【まとめ】ドメイン取得する度にネームサーバーの変更が必要

 

今回行ったことは、大まかに分けて2つでした。

・エックスサーバーにてサーバー情報の確認
・お名前.comにてネームサーバーの情報変更

 

初心者の方でも簡単に出来ますね!

早い方だと3分かからず完了します(^^)

このネームサーバー変更は、ドメイン取得毎にやっていく必要があります。

つまり、1つドメイン取得する度に、この変更をしていかないといけないってことですね。

 

サーバー登録・ドメイン取得・ネームサーバー変更とこのあたりは、一通りやっておく必要があることなので、覚えておきましょう!

 

【https】SSL化なのにセキュリティで保護されていない時の対処方法

最新情報をチェックしよう!