泣き言や愚痴ばかり言う人はマイナスになりやすい【周りが離れていく前に改善しよう】

なな

『泣き言や愚痴ばかり言ってしまう!』
『最近周りの人がよそよそしい』
こういう方は必見です!

 

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 泣き言や愚痴ばかり言う人はマイナスになりやすい
  • 泣き言や愚痴ばかり言う人の改善策
  • 泣き言や愚痴はたまに言うくらいが丁度いい

 

 

 

1日に何度も泣き言や愚痴を周りに言ってはいませんか?

自分が良くても周りからしてみたら結構嫌な思いをすることもあります。

そんな泣き言や愚痴ばかり言う人は損したり、マイナスになってしまいがち。

そうならない為の改善策を今回ご紹介していきます。

 

合わせて読みたい

なな『人の目が気になって何も出来ない!』『どうしたら周りの目を気にせず生きられる?』こういう方は必見です! 今日はこんな疑問に答えていきます。本記事の内容[…]

 

泣き言や愚痴ばかり言う人はマイナスになりやすい

泣き言や愚痴ばかり言う人はマイナスになりやすい

 

結論からして泣き言や愚痴ばかり言う人は『周りから人がいなくなりやすい』ということ。

1日に何度もそういうマイナスな言葉を口にすれば、誰だって離れていきやすい。

マイナスは所詮マイナスにしかなりません。

泣き言や愚痴を聞いてプラスになる、なんてことは一切有り得ないんです。

 

泣き言や愚痴を言うことで被るマイナスとは

 

・人が離れていく
・周りから嫌われる
・自分の評価を下げる
・泣き言や愚痴が癖になる

常に言い続けている人は要注意!

 

癖になりつつある人は早めに改善しないと、気付かぬうちに何度も口にしている可能性が高い。

自分だけでなく相手も不快に思うことも多い。

改善するなら早いほうがいいですよ!

 

なな
言った所で現状が変わらないなら口にすべきではないですね。



泣き言や愚痴ばかり言う人の改善策

泣き言や愚痴ばかり言う人の改善策

 

どうしても泣き言や愚痴ばかり言ってしまう人はこちらの改善策を試してみてください。

・言う前に愚痴をノートに書く
・泣き言や愚痴を頭の中で整理する
・愚痴を言う前に1度仕事をやり切る
・悪口を言う前に良い方向へと考える

 

言う前に愚痴をノートに書く

 

どうしても泣き言や愚痴が溜まってしまう人は、1度ノートに全て書いてみましょう。

言いたいことを書くことで心がスッキリします。

 

愚痴ノートとも言われる方法で、溜め込むよりも書き込むことでストレス発散が出来るやり方です。

 

しかも1度書き込むことで『どんな言葉を相手に発しようとしていたのか』を知るキッカケにもなります。

相手に不快な思いをさせずに、さらには自分の心もスッキリさせる一石二鳥の方法です。

 

泣き言や愚痴を頭の中で整理する

 

つい泣き言や愚痴を言う人の中には、反射的に言葉にしてしまう人もいます。

そういう人は1度言葉にする前に『頭の中で整理』するんです。

 

そうすることで冷静になり『これ本当に言っていいのか?』と相手の立場になって考えられるようになります。

 

相手が不快にならないか。

これくらいなら言っても大丈夫だろうか。

・・・と考えられるようにもなりますよ!

 

愚痴を言う前に1度仕事をやり切る

 

仕事の途中で言ってしまう人は、まず仕事をやり切りましょう。

目の前の仕事に集中することで愚痴を言う回数を減らすんです。

 

仕事が終われば晴れやかな気持ちになるので愚痴を言うこともなくなります。

 

よってマイナスな言葉を吐くことなく1日を過ごせるんです。

仕事の途中で愚痴を言うだけでネガティブになったりもするので、仕事を早く終わらせるという意味でも仕事に集中するようにしましょう。

 

悪口を言う前に良い方向へと考える

 

今が悪いだけ・・・という可能性もあります。

なので悪口を言う前に良い結果を想像するようにするんです。

 

悪いことばかり考えればその通りにしか事は運びません。
よって良いことを考えるようにすると自然と悪口も減りやすい。

 

他にも違うことを考えたりして思考をチェンジするのもおすすめ!

同じことを考えても埒があかないなら、いっそのこと楽しいことでも考えるようにすれば気持ちも変わりますよ。

 

合わせて読みたい

なな『失敗ばかり考えてしまう』『不安になってあと1歩が踏み出せない』こんな方は必見です! 今日はこんな疑問に答えていきます。本記事の内容 「失敗したらど[…]

 

泣き言や愚痴はたまに言うくらいが丁度いい

泣き言や愚痴はたまに言うくらいが丁度いい

 

とはいえ、全ての泣き言や愚痴を言わないで生きるというのは難しい。

ある程度の言葉は口にしておかないと心が潰れてしまいやすい。

 

なので1日1回、または数日に1回程度の泣き言や愚痴なら許容範囲と考えていいでしょう。

 

さすがに1日に10回、20回と愚痴ばかり言うのはNGですけどね。

少しくらいの愚痴なら友達・家族にでも言ってストレス発散するのもアリですよ!

 



泣き言や愚痴は心から信用出来る相手に伝えよう

 

よく同僚や会社仲間に泣き言や愚痴を言う人がいます。

しかし相手とそれほど親しい間柄でないと、こういう愚痴なんかは即マイナスになりやすい。

『何この人』とすぐ人が離れていくので要注意!

 

泣き言や愚痴を言って相手に言葉を求めるなら、親しい間柄の人を選んだ方がいいです。

 

たとえば友達家族とかですね。

やはり愚痴を口にする=マイナスを口にするのと同じなので、この辺は相手が不快に思わないであろう人を人選して伝えることが大切かな。

 

なな
アドバイスなんかも貰えるという意味でも愚痴る相手は選びましょう!

 

【まとめ】泣き言や愚痴はたまに言うくらいが丁度いい

 

以上が泣き言や愚痴ばかり言う人向けの改善策でした。

 

最後のもう1度改善策をおさらいしますね。

・言う前に愚痴をノートに書く
・泣き言や愚痴を頭の中で整理する
・愚痴を言う前に1度仕事をやり切る
・悪口を言う前に良い方向へと考える
個人的にはノートがおすすめかな。

 

誰に愚痴を言うこともなく、自分自身で解消出来るがいいですよ。
人は生きていると泣き言や愚痴を言いたくなることはあるので、口にする回数が多い人は上記の方法をぜひ試してみてくださいね(^^)
最新情報をチェックしよう!