人生に疲れた20代に送る「働く」ことへの意識改革について【3つの思考変動】

なな

『20代でも人生に疲れるって本当?』
『働くことに疲れたらどうしたらいい?』
こんな方は必見です!

 

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 人生に疲れた20代が思う「働く」ことについて
  • 人生に疲れた時こそ「働く」ことへの意識を変えてみよう
  • 20代でも人生に疲れたと感じる瞬間はある

 

 

 

人生は長い道のりです

その中で人生に疲れたと思う瞬間は20代にもやってきます。

皆生きていると疲労を感じることはありますからね。

今回はそんな20代で人生に疲れたと感じた時に思考を変えることについてご紹介します。

 

合わせて読みたい

なな『仕事が長続きしない』『つい遊んで仕事をサボってしまう』こんな方は必見です! 今日はこんな疑問に答えていきます。本記事の内容 仕事のサボり癖を治す3[…]

 

人生に疲れた20代が思う「働く」ことについて

人生に疲れた20代が思う「働く」ことについて

 

結論からして『働き過ぎると20代でも人生に疲れた』と感じるようになります。

人生において疲れたと感じるのに年齢や性別は関係ありません。

20代でも疲れたと感じることはありますし、働く日々に疲労してしまうことも少なくないです。

 

よくある20代の働き方

 

20代の方の中には『働いて当たり前』という思考の方も多いです。

働かなければ給料はもらえず生活も困窮してしまいますからね。

当たり前と言えば当たり前の考え方です。

 

しかし今のネット社会においてあくせく働き続けるだけが選択肢ではありません。

 

1日中働き続けて疲労も蓄積されてそれでも生きなきゃいけない。

そんな日々ばかりだと人生に疲れるのも無理はない。

もっと視野を広げて職業を探してみたり、他の働き方を見出すことも必要なんですよ?

 

無理して働くことが正しいとは限らない

 

今の20代もとい若い世代の人達は働き過ぎなような気がします。

近年では過労死する人が増え、人生において仕事するだけで一生を終えてしまうような人もいます。

 

中には会社員の仕事が終わってからアルバイトに勤しむ若者すらいます。

 

無理して働いたその先には疲労した人生しか待ってません。

お金を稼ぎたい気持ちも分かりますが、稼ぐ方法は今や千差万別です。

自分を苦しめてまで働くのは違うと思うんです。

 



人生に疲れた時こそ「働く」ことへの意識を変えてみよう

人生に疲れた時こそ「働く」ことへの意識を変えてみよう

 

生きる為に働くということは間違ってはいません。

しかしもっと働くということへの考え方を変えた方が人生上手くいくこともあります。

 

なので人生に疲れたと感じた時は働くことへの意識を変えてみることをおすすめします。

・仕事は1つじゃない
・雇われるだけが全てじゃない
・毎日あくせく働くことが幸せとは限らない

 

仕事は1つじゃない

 

まず仕事の業種種類というのは1つじゃありません。

探せば求人だってあるし、自分に合うような仕事だってきっと見つかるはずです。

 

それなのに無理して同じ所に留まって苦しい思いをして働くのは意味がない。
特に20代のうちは食らいついて頑張ろうとしますが無理なら違う仕事を探すのもアリ。

 

頑張って頑張って仕事をこなそうという気持ちは必要です。

しかしどうしても無理なら早々に他の仕事へと移行するべきですね。

 

なな
でないと永遠にツライ思いをして働き続けることになります。

 

雇われるだけが全てじゃない

 

仕事は雇われて働いて給料をもらうサイクルです。

しかし現代では雇われるだけが『働くこと』ではありません。

 

ネットを使った副業や自分で起業する方法など様々です。
必ずしも雇われないといけない決まりもないので自由に働く意志も大事!

 

特に20代のうちは上司に『若いうちから働いておけ』なんて言われることが多い。

そういう環境の中で働き続けるのはかえって人生に疲れる要因にもなります。

 

なな
自分自身で行動して働く方法を模索することが大切なんです。
合わせて読みたい

なな『本業と副業の両立のコツとは?』『本業と副業は本当に両立が可能なの?』こんな方は必見です! 今日はこんな疑問に答えていきます。本記事の内容 本業と副[…]

毎日あくせく働くことが幸せとは限らない

 

働き過ぎると自分をかえって追い詰める原因になります。

お金が欲しくて働くのも1つの方法ですが、あくせく働き続けることが幸せに繋がるとは限りません。

 

その時の勤務時間、勤務内容、そしてやりがいがあるかどうか。
働くということについて自分の気持ちも大切にしていかないといけないんです。

 

でないと人生に疲れて何もしたくない状態になるので要注意!

1度こういう状態になるとそこから抜け出すのが難しくなります。

 

なな
自分の気持ちも大事にしつつ働くのがベストですね。

 



20代でも人生に疲れたと感じる瞬間はある

20代でも人生に疲れたと感じる瞬間はある

 

若いから平気とか、若いから働き続けても問題ないといった思考は捨てましょう。

20代でも働き続ければ疲れを感じるものです。

 

体は1つなので働き続けて疲労をため込みすぎると病気にもなりかねません。
特に若いうちは無茶して頑張ろうとする傾向が強いのでなおさら気をつけねばなりません。

 

人生は長い道のりです。

それなのに20代のうちから人生に疲れたと感じているのであれば、それは働き方が影響している可能性が高い。

 

私も20代前半のうちからこういう経験をしたので分かりますが、1度人生に疲れると何をするにしてもネガティブになりやすくなります。

 

こうならない為にも働くことへの意識は1つに拘らない方がいい。

考え方によっては様々な方向性を示すこともあるので、柔軟に対応する力を身につけていくことが大切です。

 

【まとめ】20代で人生に疲れたら働くことへの意識を変えてみよう

 

以上が人生に疲れた20代に送る『働く』ことについてでした。

 

最後にもう1度働くことへの3つの意識についておさらいしておきますね。

・仕事は1つじゃない
・雇われるだけが全てじゃない
・毎日あくせく働くことが幸せとは限らない
人生に疲れたら今の働いている状況を今1度振り返ってみてください。

 

20代で人生に疲れてばかりだとこの先はもっと大変なので、働くことへの意識を変えてもっと自由に生きていくようにしましょう(^^)
合わせて読みたい

なな『仕事はやりがいが全てって本当?』『仕事と実益のバランスって?』こんな方は必見です! 今日はこんな疑問に答えていきます。本記事の内容 仕事はやりがい[…]

最新情報をチェックしよう!