朝ごはんを抜くのはデメリットしかない!眠気MAXで集中力低下を引き起こす原因に

なな

『朝ごはんを抜くとどうなるの?』
『午前中は特に眠気がひどい』
こんな方は必見です!

 

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 朝ごはんを抜くことのデメリット
  • 仕事をする前のエネルギー補給(朝ごはん)は必須
  • 朝ごはんを食べる時間がない人
  • 280日朝ごはんをとり続けた結果

 

 

 

朝ごはんを抜くとどういう影響があるのかご存じですか?

朝は時間がなくて朝ごはんを抜きたくなるのは分かります。

しかし午前中にしっかりと仕事をこなすなら朝ごはんはかなり重要なんです。

その理由も含めて解説していきます。

 

朝ごはんを抜くことのデメリット

朝ごはんを抜くことのデメリット

 

朝ごはんを抜くことのデメリットは全部で3つ。

 

・体がだるい
・常に眠い
・お腹が空いて集中出来ない

 

それでは1つずつ見ていきましょう!

 

体がだるい

 

朝ごはんを抜くことはエネルギーを摂取しないのと同じ状態です。

その状態のまま仕事をしても脳や体がまだ目覚めていません。

 

その為午前中はとにかくだるくて仕事に力が入りません。

考えて仕事をしようとしても脳が寝ているので全然進まないってことも。

結果として『何もやりたくない』状況に陥るんです。

 

仕事なのでやらねばなりません。

しかしやりたくない気持ちが強いのでダラダラとやってしまう。

そして残業する羽目に・・・なんてことにも繋がります。

 

特に集中力は確実に低下するので1つの仕事に時間をかけてしまうこともあります。

 

期限がある仕事などには多大なる影響を及ぼしてしまうことも。

ボーッとすることも多くなって怒られる回数も増えてしまう原因にもなります。



常に眠い

 

朝ごはんを摂取していないので午前中はとにかく眠いです。

栄養が脳に行き渡っていないだけで眠気がさらに倍増します。

 

特に体を動かしていない事務作業といったパソコンや資料を書く作業の時は眠気がMAXに!

 

頭の回転も遅くて何をするにも動作が鈍くなります。

眠気と格闘するだけで午前中が終わるなんてことにもなりかねません。

 

お腹が空いて集中出来ない

 

たとえ夜にご飯をしっかり食べていてもそれは寝ている時に消費されます。

よって朝ごはんを食べずに仕事をすればお腹が空くのは当たり前です。

 

午前10時頃から一気に空腹を感じやすくなります。

その結果お腹が空きすぎて仕事に集中出来ないって事態に!

常に時計ばかりを見て作業が一向に進まないんです。

 

朝ごはんを食べても昼にお腹が空きますからね。

食べないだけで空腹になる時間は早くなり集中力低下の原因になりかねません。

 

仕事をする前のエネルギー補給(朝ごはん)は必須

仕事をする前のエネルギー補給(朝ごはん)は必須

 

朝ごはんは1日の仕事をこなす為のエネルギー補給です。

車だってガソリンを入れないと走りませんよね?

それと同じで人間も朝ごはんを食べないと行動出来ません。

 

また朝ごはんは体内リズムを整える役割もあります。

1日の活動をスタートさせる為にも朝ごはんを抜くのはダメ。

イライラの原因仕事の効率悪化に繋がってしまいます。

 

たとえ昼にご飯を食べるからと思っていてもそれはあくまで午後の為のエネルギー補給です。

 

午前は午前で別に摂取しないとまずもちません。

体力的にも精神的にも疲労が積み重なりやすくもなるので朝ごはんを抜くのはNGなんです。

 

朝ごはんを食べる時間がない人

朝ごはんを食べる時間がない人

 

エネルギーを補給する為にも朝ごはんは必須。

それが分かっていても中々朝ごはんを取れない人もいますよね。

 

私も社会人になった直後は朝ごはんを取ることがほとんどなかったです。

その理由は『時間がない』からです。

 

朝起きてすぐに支度して出勤する。

こんな毎日だったので朝ごはんを取る時間がなかったんです。

気付けば朝ごはんがない生活が当たり前になっていました。

 

ですがこれが常になってくると午前中は集中力が低下するのも当たり前と受け入れちゃうんです。これってかなりマズイですよね。

 

『仕方ない』で片付けてしまうのもよく分かります。

しかし朝ごはんを食べる時間なんて20分、いや15分もあれば充分です。

その時間さえないと言うなら生活を改善してみればいいだけ。

 

1時間くらい朝早く起きて朝ごはんを食べる時間くらい取っても生活に支障はありません。

むしろ体の調子が良くなって仕事への意欲も高まるようになります。



朝活すれば朝ごはんを抜くことはない

 

今現在私は朝4時に起きる朝活を続けています。

最初はキツいと感じることでもやはり慣れますね。

 

気付けば毎日4時に起きて作業をこなせるようになりました。

そして朝ごはんを食べる時間も確保出来ました。

朝ごはんを食べればさらに頑張れるので一朝一夕です。

 

合わせて読みたい

なな『もっと時間を有効活用したい!』『朝活をやってみたいけどどうしたらいい?』こんな方は必見です! 今日はこんな疑問に答えていきます。本記事の内容 朝活する為に[…]

 

280日朝ごはんを摂取し続けたら

280日朝ごはんを摂取し続けたら

 

朝ごはんを抜く生活から朝ごはんを取る生活に切り替えて早280日が経過しました。

その結果毎日体の調子が良いです。

 

朝ごはんをしっかり食べることで眠くなることはなくなり、集中力も高まり午前中の効率はピカイチと言ってもいいほど。

 

私の中でやる気&集中力が持続するのが午前中です。

その午前中に眠くならず作業出来るのはかなり大きいこと。

朝ごはんというエネルギー補給のおかげで毎日作業が進むので色々挑戦する機会が増えました。

 

朝活も継続することで時間確保にも繋がりほんと良いことづくしです。

朝ごはんを取る生活を続けて280日ですが私は今後もこれを継続していきます。

 

【まとめ】朝ごはんを抜くことはデメリットが大きい

 

以上が朝ごはんを抜くことのデメリットでした。

 

最後にもう1度デメリットをご紹介しますね。

・体がだるい
・常に眠い
・お腹が空いて集中出来ない
こんな感じで影響は出てくるので朝ごはんは取るようにしましょう!

 

1週間ほど継続してみるとその変化が分かるはずです。
朝ごはんを取る、抜くとではだいぶ違ってきます。
しっかり作業したい人や功績を残したいって人は朝ごはんを抜いてはいけませんよ。
最新情報をチェックしよう!