効果的な朝活スケジュールの立て方とは?【社会人向けの早起きスタイル】

なな

『もっと時間を有効活用したい!』『朝活をやってみたいけどどうしたらいい?』こんな方は必見です!

 

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 朝活する為に必要なこと
  • 効果が出やすい朝活スケジュールの立て方
  • 朝活することで得られるメリット
  • 朝活を継続して行う為のコツ

 

社会人になると、仕事が忙しくて帰宅してから時間を取ることが難しいって場合があります。

そんな方向けに、無理せずなおかつ効果が出やすい朝活スケジュールの立て方をご紹介していきます。

 

朝活関連記事のこちらもおすすめ!

朝活するならスケジュール管理から始めよう

朝活するならスケジュール管理から始めよう

 

最近ちまたでブームになっている『朝活』

名前の通り、早起きして朝に活動することを指します。

 

朝活をする人の中には『時間を有効活用したい』『もっと勉強出来る時間が欲しい』といった方が多い。

そこで朝活を始める人がいますが、何の予定もなしに朝活をスタートさせるのは厳しいです。

 

予定も決めず時間も決めず朝早く起きても、何をすべきかすぐに行動出来ず、それこそ時間ロスに繋がってしまいます。

 

なので、朝活をスムーズに行う為にも『スケジュール』を立てることは必要です。

これなしに朝活は成功しませんので、今からでもスケジュールは立てておくことをおすすめします。

 

効果的な朝活スケジュールの立て方

効果的な朝活スケジュールの立て方

 

社会人になると働く人がほとんどですが、やっぱり働きながらだと時間を上手く調整出来なかったりします。

なので、そういった方達もスムーズに行える模範スケジュールをご紹介します。

基本考え方は同じなので、社会人以外でも主婦や学生の方でも参考にしやすいかと。

 



朝活スケジュール:働く社会人編

 

4:00 起床

4:00~4:30 シャワーを浴びたり、軽くストレッチを行う

4:30~7:00 自分の時間(副業したり、勉強したり)

7:00~7:30 朝食、出勤準備

7:30~ 仕事に出勤

 

仕事がある人だと、4時起床でないと中々時間を取れませんね。
なので、結構みっちりしたスケジュールになりやすい。

 

それでも朝の段階で2時間半くらいは時間が取れます。
この時間を使って、副業するも良し、勉強するも良しです。

 

実際に私もやってみましたが、朝起きることで脳が活性化されるので、会社に出勤したらすぐに仕事に取りかかれるようにもなるので効率はかなり上がります。

 

朝活スケジュール:フリーランス社会人編

 

5:00 起床

5:00~5:15 軽くストレッチを行う

5:15~7:30 自分の時間(ブログ記事を書いたり、勉強したり)

7:30~8:00 朝食

8:00~ 自分の時間

 

働く社会人と違って、朝は1時間遅く起きても問題はないです。
5時に起床して、そこから自分の時間が多くあるので、作業効率は高まりやすい。

 

ただフリーランスはスケジュールを立てておかないと、時間に余裕がある分だらけてしまいがちなので注意!

 

より作業効率を上げて作業をしていく為にも、朝のスケジュール管理は徹底させましょう。

 

朝活するメリットとは?

朝活するメリットとは?

 

朝活するメリットは何といっても『時間を有効活用出来る』こと。

 

時間は無限ではないので、上手く活用してあげないとただ過ぎていって無駄になります。

特に副業をこれから始めたいって人は、時間がない中でどう行動するのかが鍵です。

 

仕事で忙しい、だけど副業はしたい。

そんな方は朝活を習慣化させてあげると、毎日の作業時間が大幅アップします。

 

習慣化に必要な期間は?【継続する為に必要な今すぐ出来る6つの方法】

 

正直なところ、朝活のデメリットは『朝起きるのが辛い』ことくらいです。

これを乗り越えられたら毎日が激変します。

 

朝活することは生活リズムを整えることにも繋がるので、良いことづくしです。

朝起きるのが大変って方も、じょじょに慣れてくればご飯を食べるのと同じように当たり前になります。

 

そうなると、朝活を楽しめるようにもなるので、まずはスケジュールを立てる所から始めてみましょう!

 



朝活を継続させるコツ

朝活を継続させるコツ

 

朝活を継続させる為のコツは、『睡眠を削らない』ということ。

 

朝起きる為に以前の生活(夜遅く寝る)ままでいると、睡眠時間を削ることになってしまいます。

睡眠は脳を活性化させる為にも必要なこと。

 

これを削ってしまうということは、朝起きるのをさらに辛くさせますし、何より朝起きても作業に集中出来ず眠い状態のままというのも珍しくないです。

 

睡眠時間を削らない為にも、夜は早めの就寝を心掛けるのがポイント!

たとえば、朝4時に起きるなら最低でも夜10時には寝る・・・とかね。

 

人は最低でも6時間以上は睡眠が必要なので、朝活するなら夜のスタイルを変えることも必要です。

ここを改善すると、朝も余裕で起きられるようになるので、睡眠時間は決して削ってはいけませんよ。

 

【まとめ】朝活するならまずはスケジュール管理から始めよう

 

以上が『朝活スケジュールの立て方』でした。

 

1日の始まりとも言えるので、朝活するならスケジュールは細かく立てた方がいいです。

個人的には、紙に大きく書いてそれを見える位置に張るとより効果が出るかと。

 

大体2ヶ月くらいから慣れてくるので、それまでは頑張って朝起きてみましょう。

寒くなってくると余計に辛く感じられますが、朝活にはメリットしかないので、やるだけ価値がありますよ!

ぜひ参考にしてみてください(^^)

最新情報をチェックしよう!