【お金】サラリーマン20代~50代の小遣いは平均どのくらい?(年代別にご紹介)

こんにちは。

今日は『サラリーマンの小遣い事情』についてです。

自分が貰っている小遣いは平均を超えているのか?
はたまた平均以下で少ない額なのか?

自分の小遣いと照らし合わせて見てみてくださいね!

 

サラリーマンの小遣いは平均どのくらい?

 

サラリーマンの小遣い平均は『3.7万円』とされています。

収入にも大きく変わってきますが、年齢問わず平均して大体このくらいのようです。

この数字を見てどう思いますか?

多い?少ない?・・・それともちょうど良い金額ですか?

 

人によって思う所はあると思いますが、これが平均金額です。

では、年代別ではどういった風になるのでしょうか?

ここからは20代~50代まで年代別にご紹介していきます。

 

20代の小遣い平均額

 

20代の小遣い平均額は『約4万円』です。

まだ若い年代なので、自分のために使いたいと感じる方が多い。

娯楽費・飲み代と結構お金を使ってしまうのもこの年代ですね。

会社勤めになるので、必然と飲みに行くことも増えて、飲み代も高くなりがちです。

 

特に上司に言われたら、あまり断れず飲みに行くという方も多いのでは?

毎月数回飲み会に参加しているだけで小遣いが消えるケースも・・・。

娯楽費と共に合わせても結構な出費があることから、20代の小遣い平均は高めです。

 



30代の小遣い平均額

 

30代の小遣い平均額は『約3.6万円』です。

20代と比べて少し金額が下がる傾向。

結婚したり、子供が出来たりと何かと家庭で出費がかさみ、小遣いを減らされてしまうケースが多いようです。

家族が増えるとやはりそれなりにお金がかかるのも事実。

減らされるのはサラリーマンの小遣いからなんですね(^0^;)

 

40代の小遣い平均額

 

40代の小遣い平均額は『約3.5万円』です。

30代よりもさらに金額は低めです。

一応年収が上がってはきますが、それに伴い出費も増える時期でもあります。

家のローン、車のローンとまだまだ支払いが多い年代です。

結婚していれば、子供にかけるお金も多くなってきます。

またこの年代になってくると、お偉いさんとの会食も増えたりと、ちょっと出費が増えるケースもあります。

 

50代の小遣い平均額

 

50代の小遣い平均額は『約3.8万円』です。

年収が高くなり、平均額は上がります。

40代と比べても出費がだいぶ安定し、そこまで多くないことから小遣いが増加傾向。

20代よりは高くはありませんが、それでも4万円近い小遣いです。

 

サラリーマンの小遣いの使い道

 

サラリーマンの小遣いの主な使い方は大きく分けて3つ。

  • ランチ代
  • 飲み代
  • 趣味代

 

ランチ代

 

毎日ランチ代を小遣いから出していたら、月で考えても結構な出費です。

サラリーマンの中には、お弁当を持参する方もいますが、決して多くはないケースです。

毎日500円のランチ代としても、月20日かかるとしたら1万円はくだらないですね。

4分の1はランチ代で消える計算となります。

 

飲み代

 

会社に勤めていると必ずと言っていいほど、この飲み代はかかってきます。

しかも月に1回や2回では収まらない時もあります。

1度の飲み代で3,000円~5,000円はいくので、これが数回あるとしたら高い出費になりますね。

小遣いの半分はこの飲み代で消えるケースも少なくないです。

 

趣味代

 

上記2つの出費から差し引いたものを趣味代にあてます。

趣味と言っても色々あって、人によってはここで出費が出ないケースもあります。

・ゴルフ
・ツーリング
・釣り
・マラソン

↑例としてはこんな感じです。

趣味があるとそれだけでお金がかかります。

 

サラリーマンの小遣いを節約する方法

 

ランチ代に飲み代と毎月使えるお金が少ない・・・。

そんなサラリーマンも多いでしょう。

給料の全てを小遣いとして使えるわけではないので、ある程度は節約して生活をしないといけません。

では、どうやって節約をしていけば良いのか?

 

すぐ出来る簡単節約方法は4つ。

  • ランチ代を削る
  • 飲み会への参加を減らす
  • コンビニに行かない
  • 自販機を使わない

 

ランチ代を削る

 

ランチ代は月に1万円以上かかることもあります。

なので、自分で作ることでランチ代を簡単に節約出来ます。

前日に作り置きしておけば、朝になって作る手間がないのでおすすめです。

 

飲み会への参加を減らす

 

全てを断ることが出来ずとも、1回2回程度は飲み会を断っても問題ありません。

毎月飲み会への参加が多い時は、まずは1回断って回数を減らしましょう。

月1回~2回減らすだけでも節約になります。

 



コンビニに行かない

 

色々売っていて便利なコンビニ。

でもこのコンビニを毎回利用していたらお金がかかります。

なので、極力コンビニには行かないようにしましょう。

行くと余計な物まで買ってしまうので、行かないだけでも節約になりますよ?

 

自販機を使わない

 

自販機で飲み物を買うのもかなりのお金がかかります。

飲み物は1日に1度は必ず摂取するはずなので、自販機を利用しているとそれだけで出費がかさみます。

しかも1度ではないはずなので、思った以上に飲み物にかける金額は大きいです。

なので自販機を使わず、飲み物は自宅から持ってくるのがベスト!

水筒に入れて持ち運ぶとお金がかかりませんよ?

 

【まとめ】サラリーマンのお小遣い事情は結構厳しい

 

いかがでしたか?

サラリーマンの小遣い事情は思ったよりもシビアですね。

年収が高くないと小遣いは上がらないので、少ない小遣いでは月のやりくりが難しいです。

ましてや、近年ではボーナスカット・給料カットとほんと厳しい時代が到来。

 

小遣いが厳しいならどこかで出費を抑えるしかない・・・。

それが嫌なら何か行動を起こすしかないんですよね。

会社でも副業を勧めている所も増えているので、小遣いが平均以下であればこの機会に始めてみるといいですよ?

個人的にはブログがおすすめなので、もう少し小遣いが欲しいと思った方は参考にしてみてくださいね(^^)

 

【ブログの始め方】エックスサーバーからワードプレスのインストール方法【初心者必見】

最新情報をチェックしよう!