ブログに嘘の情報を載せるだけで読者が激減?(信用問題に関わるリスク)

こんにちは。

今日は『嘘の情報』をブログに載せることに関してです。

自分が経験したことがないようなことを、あたかも経験したことがあるようにブログに載せるのは、信用問題にも関わるのでかなり危険ですよ?

 

以前もこんなツイートをしました。

 

Twitterだけでなくブログもそうですが、嘘の情報を並べてばかりだと信用を一気になくします。

経験したこともないのにあたかも「やりました~」なんて言うのはマジで危険です。
自分で気づかぬうちにボロは出ますし、読んでいる読者にも感づかれるので嘘だけは絶対ダメ。

 

なな
アクセスを集める為にも嘘を書くと自滅しますよ?

 

ブログに嘘の情報を載せるのはNG

 

ブログに嘘の情報を載せるのがNGな主な理由は1つです。

・読者が嘘の情報を求めていない(嘘情報は無価値)

 

読者はその人しか持っていない情報、体験談を求めてやってきます。
なのに嘘の情報を載せてばかりだと、読む価値なしと判断して2度と訪問はしてくれません。
嘘や偽情報というのは、探せばあちこちに転がっています。
それこそSNSではよくある日常ですね。

 

嘘の情報例としてはこんな感じです。
・月100万円を1ヶ月で稼いだ!
・転職を100回繰り返した!
・在宅ワークで1日で月数万円!
全く稼げていないのに、月10万円稼げた!と大きく誇張する言い方をするのも『嘘』に入ります。

 

明らかに嘘だと分かる内容のブログには、誰も興味を示してはくれません。
アクセスが増えず、収入も増えない原因にもなります。



読者が激減してしまう理由にもなる

 

今までアクセスがあったのに、嘘の情報を並べただけでアクセスが落ちることはよくあります。

それこそアクセスが半減してしまったケースも・・・。
読者はそれほど『嘘』には敏感なんです。

 

人間関係でも嘘をつくような人とはいたくないですよね?

それと同じです。

ブログも嘘ばかりついていると、読者が離れていってしまうんです。

 

【アフィリエイト】ブログで稼ぐ裏技なんてものは存在しない(近道は1つだけ)

 

嘘の情報は読者の信用問題に関わる

 

人気ブロガーは、熱烈な読者が多いです。

その理由として、読者がブロガーを信用しているからです。

・この人の言っていることは為になる
・この人嘘をつかない
↑このように、信用して記事を読んでいるんです。

 

信用してくれる読者が多いと、記事を更新する度に読んでくれます。
PV数が増えている=読者が増えている証拠です。
しかし、嘘ばかりの情報を並べてばかりだと『信用がないブロガー』になります。

 

たった1度だけ・・・と思っていても、人は1度やると2度3度と同じことをやります。
なので同じ事を繰り返していくうちに、読者から信用がなくなってしまうんです。

 

嘘の情報はリスクが高い

 

嘘の情報は読者が離れていくリスクが高いです。

それなのに得られるものは全くありません。

つまり、嘘の情報を載せるだけ『マイナス』になってしまうんです。

 

ハイリスクハイリターンもとい「ハイリスクノーリターン」なんですよね。

 

嘘は何も得られません。

載せるだけ無駄なので、嘘で読者を惹きつけようとする考えは持つべきではないです。

むしろマイナスなので、おすすめはしません。

 



アクセスを集めるなら自分の経験を生かそう

 

アクセスを集めたいなら、自分の得た『経験』を生かすのがいいですよ?

自分だけが得た情報とういことで、経験談は誰にも真似できないものです。
経験談を記事にして載せるだけで、同じ悩みやこれから同じことをするであろう人達にとって、参考に出来る記事になるんです。

 

自分の経験談は100%オリジナリティがあって読者からも受けが良い。

 

嘘を並べるよりは、オリジナリティがある経験談の方が読んでいて面白いですよね?
こういった記事を主体にして、ブログ運営していくのもおすすめです。
嘘は読者が見抜いてしまうので、嘘はやめて真実を公開するのがベスト。

 

【まとめ】嘘の情報は載せるだけ無駄

 

以上が『嘘の情報』を載せる危険性についてです。

読者を増やしたい気持ちは分かりますが、嘘は自滅に追い込まれるのでやるべきではないです。

また、現在の段階で少しずつアクセス&読者が増えているようなら、そのまま継続すればOKです。

危険を冒してまでも冒険する必要はないです。

 

嘘の情報を提示して

『うわぁ、この人凄いなぁ』

とちやほやされるのも最初だけです。

 

長くは続かないので、ちょっとアクセスが増えたとしても、それは一時しのぎにしかなりません。

ブログで稼ぐためにも、読者側になって情報を提示していくことが大切です。

楽せず、地道にやっていくのがブログの近道ですよ?

最新情報をチェックしよう!