「忙しい・時間がない」を口癖にする人は仕事の効率が悪い(焦りが生じ逆効果)

こんにちは。

今日は『忙しい・時間がない』を口癖にしている方についてです。

何気なくポロッと言ってしまう言葉かもしれませんが、そのせいで仕事の効率が落ちていく可能性もあるんですよ?

 

以前もこんなツイートをしました。

 

よく「忙しい」「時間がない」と口癖で言う方がいますが、そういう方ほど時間の使い方が下手な場合が多いです。

非効率的に作業したり、忙しいと言うだけで焦って、作業が出来なくなるんです。

忙しいと言っている間は、何をしても作業が進みません。

なのでまずはその口癖をやめてみましょ!

 

なな
本当に時間がない人ほど、時間の使い方が上手だったりしますよね!

 

忙しい・時間がないを口癖にする人

 

よく仕事をしていると『忙しいから無理』『時間がないからこれ以上の仕事は無理』という方を見かけます。

こういう方は、すでにこの台詞が口癖になっている方が多いです。

ですが時間に関しては、どんな人でも平等に24時間存在します。

 

自分だけが忙しい・時間がないわけではありません。

 

こういったことを言う方は、大抵が『時間の使い方が下手』だったりします。

それゆえに、皆と同じ作業量なのに終わり時間が遅くなったり、仕事が終わらなかったりするのはその為です。

決して、時間がないわけではありません。

 

口癖にすると周りも不快な気持ちになりますし、何より自分にとってもマイナスになってしまうんです!

  • 時間がないから1度に仕事をこなしてしまおうとしてしまう
  • 焦りすぎて仕事でのミスが増えてしまう

 

時間がないから1度に仕事をこなしてしまおうとしてしまう

 

時間がないと思うと、あちこち仕事に手を付けてしまいそうになります。

まだ1つのことが終わっていないのに、すぐに2へと手を伸ばしてしまうんです。

人間誰でも複数のことを同時にこなすことは出来ません。

 

複数のことを同時にやろうとするのは逆効果!

 

1つずつ仕事をこなすならまだしも、複数こなそうとするのは不可能です。

かえって複数こなそうとして、作業効率が落ちてしまうこともあります。

 



焦りすぎて仕事でのミスが増えてしまう

 

忙しい~時間がない~という言葉は、常に焦りを生みます。

気持ちが常に先走ってしまい、仕事でのミスが連発することもあります。

 

仕事でのミスは周りや他の会社での評判に直結してしまうことも。

 

ミスばかりだと、当然周りからの評判も悪くなります。

そうなると、仕事量を減らされたり、減給させられたりと悪い方へと進んでしまいます。

 

【精神論】自分に負けるな!弱音を吐く前にまずは挑戦だ(可能性は無限)

 

忙しい・時間がないを口癖にするのはやめましょう!

 

まずは、『忙しい・時間がない』の口癖をやめてみましょう!

上記でも言いましたが、この口癖言われると周りは案外嫌な気持ちになるものです。

忙しいのは皆同じです。

この口癖をやめ、その後まだ作業効率が悪い方は改善方法として、下記を試してみてください。

 

  • 自分で締め切りを作る
  • 優先順位を決めて1つずつ取りかかる
  • 焦らず1つのことに集中する

 

自分で締め切りを作る

 

自分のペースで作業することは大切です。

しかし、ペース配分を間違えると、他の作業にも支障が出ます。

なので、どんな作業に関しても自分で締め切りを作ってみてください。

締め切りがあると、その日までにとにかく終わらせようとするので、作業ペースが上がります。

 

優先順位を決めて1つずつ取りかかる

 

1度に作業をこなす必要はありません。

まずは優先順位を決めて、1つずつ処理していきましょう!

中途半端に複数こなすよりは、1つずつ処理したほうが早いです。

また、優先順位を決めて重要な仕事を終わらせることで、焦ることなく作業をすることが出来るようになります。

 

焦らず1つのことに集中する

 

気持ちが焦ると、何をしても失敗します。

なので、まずは1つのことに集中しましょう!

落ち着いて作業するだけでも、作業効率は上がります。

 

日常的に時間が足りない時の対処法

 

『副業をやりたいけれど時間が足りない』

こういう方は、自分の時間を少し減らすのがいいですよ!

仕事をしている方は、プライベートの時間を減らすことで、副業の時間を確保することが可能になります。

 

例えばこんな感じですね。

  • 土日に早起きをする
  • 夜寝る前に1時間を確保する
  • 趣味にとっていた時間を少し減らす

 

土日に早起きをする

 

仕事をしていると、土日はお昼頃まで休みたいという方は多いでしょう。

しかし、その時間はあまりにも勿体ない!

寝ていたい気持ちも分かりますが、少し早起きするだけで、1時間や2時間は余裕で確保することが出来るんです。

時間が全くないという方は、まずはこのあたりを改善してみてください。

 

夜寝る前に1時間を確保する

 

土日は休みたいという方は、平日に作業をこなすしかありませんね。

なら、いつも寝る時刻よりも、1時間遅く寝る方法を試してみてください。

いつもより寝る時間を1時間遅くすることで、1時間ではありますが時間を確保することが出来ます。

1日1時間でも1ヶ月で30時間です。

塵も積もれば山となると言いますし、まずは少しの努力から始めるのもおすすめですよ!

 



趣味にとっていた時間を少し減らす

 

サイクリング、ショッピング、料理と趣味に時間を費やしている方もいるでしょう。

その時間を減らしてみてください。

完全に趣味を絶つというのではなく、1時間や2時間減らすだけでいいんです!

それだけで時間を確保することに繋がります。

 

【初心者必見】オススメのアフィリエイトASPはこれだ!経験者が教える厳選ASP4社とは?

 

時間がないを言い訳にしない

 

時間がないと言う方は、ただの言い訳に過ぎません。

趣味や寝る時間というのはあるので、そういった時間を少し削るだけでも時間は確保出来るものです。

また、時間を言い訳にしていると、いつの間にかそれが当たり前のようになります。

そうなると、『時間がないから仕事が遅れる』『時間がないからこれは出来ない』と、さらなる言い訳にも繋がってしまいます。

 

時間がない人ほど生産性の高い仕事をするものです。

 

ない時間の中でも、人は仕事することが出来ます。

時間がない=自分に甘くなってしまうことにも繋がるので、言い訳をして生活をするのはやめましょう!

 

【まとめ】忙しい・時間がないを口癖にすると仕事の効率が悪くなりやすい

 

『忙しい・時間がない』は、何かとマイナス要素しか生みません。

確かに時間がなくて、バタバタしてしまうこともあるでしょう。

しかし、その都度忙しいとか時間がないとか言っていたら、キリがないです。

 

忙しい・時間がない時ほど仕事の効率を良くする為に行動することが大切!

 

喋っているなら、手を動かす!

いらんことを口癖にして、仕事の効率を落とすようなことはやめるべきです。

『時間は皆平等』この言葉を忘れないようすれば、『忙しい・時間がない』という口癖もなくなるはずですよ!