【プラグイン:Classic Editor】ワードプレス記事編集画面を画期的にする方法

こんにちは。

今日は、ワードプレスのプラグインについてです。

これをインストールするか、しないかだけでも、記事編集が楽になるのでオススメですよ!

 

先日、こんなツイートもしました。

 

ワードプレスは、各種自分が使いやすいようにするために『プラグイン』をインストールが出来ます。

これをやらない方もいるかもしれませんが、やるだけでけっこう時間の短縮にもなったりするんですよね。

時間の短縮は作業の効率化に繋がるので、プラグインのインストールも重要だったりします。

 

ワードプレスのインストールは、ものの数分で終わるので初心者でも簡単ですよ♪

 



ワードプレスの記事編集画面の変更

 

現在のワードプレスの記事編集画面は、従来の編集画面と比べて、かなり使いづらい印象です。

初めて、ワードプレスを利用しようと思っている方であれば、編集が中々出来ず、時間がかなりかかってしまうはずです。

 

現在の編集画面は、このような感じになっています。

 

文字を打つだけなら問題ありませんが、文字の装飾をしたい時なんかに、とても困るようなデザインとなっています。

簡単に装飾が出来ない仕様で、これを初めて使う人は必ず混乱すると思います。

 

この仕様になったのは、ワードプレスがバージョン5へ変わって(アップデートされた)からです。

エディターが一新され、『Gutenberg』へ変更になったんです。

そのため編集画面が変わり、とても使いづらくなってしまいました。

 

このような使いにくい編集画面から、従来の使いやすい編集画面へ変えるには、プラグインのインストールが必要です。

その名も『Classic Editor』というプラグインです。

 

【ワードプレス】Classic Editorのインストール方法

 

インストール方法はいたって簡単です。

まずは、『プラグイン』➪『新規追加』を選択します。

 

 

検索画面が表示されるので、『Classic Editor』と入力します。

 

 

すると、下記のようにClassic Editorが表示されます。

 

 

ここがインストールされていない場合、『今すぐインストール』と表示されます。

今すぐインストールをクリックし、『有効』と表示されるので、有効をクリックします。

操作はたったこれだけです。

 

インストールが終わると、記事編集画面はこんな感じになります。

 

 

赤い丸の部分をクリックすると、さらに色々出てきます。

 

 

これで簡単に文字の装飾が行えるので、記事作成もさくさく出来るようになります!

 

【ワードプレス】簡単にエディターの切り替えが可能

 

Classic Editorをインストール後、新エディターのGutenbergへ簡単に切り替えることが可能です。

手順は簡単です。

『WordPress管理画面』➪『設定』➪『投稿設定』

 

 

「Classic Editor」が旧エディター。
「Gutenberg 」がブロックエディターです。

 

また、エディターの一括切り替えだけではなく、投稿ユーザーごとの切替も可能です。

 



THE THORとClassic Editorの相性は悪くない

 

現在、当ブログサイトではワードプレステーマに、THE THORを使用しています。

THE THORをインストール後、プラグインによっては色々問題が起きることがあるんですが、このClassic Editorをインストールしても特に問題は起きていません。

 

THE THORとClassic Editorは相性は悪くないので、THE THORを使っていても、積極的にClassic Editorを使用することをオススメします!

 

Classic Editorは2021年で終了予定

 

2021年の12月31日までサポートされるそうですが、2022年以降のサポートは発表されていません。

よって、2021年いっぱいでClassic Editorが終了する可能性があります。

あくまで予定になっているので、この発表から変更になることもあります。

 

Classic Editorの利用者が多ければ、さらなる延長もありえます。

また、サーポートが無くなるというだけで、今後とも使うことは出来ます。

 

【まとめ】Classic Editorは利用すべきプラグインである

 

今後、Classic Editorのサポートはどうなるか分かりませんが、今現在では全く問題はありません。

初心者でも簡単にClassic Editorは利用出来るので、インストールしない手はないです。

また、記事の編集もサクッと行えるので、こだわった記事を作っていきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

最新情報をチェックしよう!