【外注化】クラウドワークスでトラブル回避!依頼を断る(ブロックする)方法

こんにちは。

今日は、外注化をするにあたって、必ずあるであろう『マナーが悪い方』への対処方法です。

原因は色々ありますが、この人とはやっていられない!思ったら、早めの対処が必要です。

そうすることで、大きなトラブルを回避することが出来ます。

 

【3分作業】クラウドワークスで受注者をブロックする方法

 

クラウドワークスで、受注者をブロックする方法は、約3分ほどで出来ちゃいます(^^)

まずは、クラウドワークスにログインします。

 

 

登録中のお仕事画面が表示されます。

ブロックしたい方がいる依頼を選択し、相手の名前をクリックします。

 

 

相手のプロフィールが閲覧されますね?

この中で、右下の『~さんをブロックする』を選択します。

 

 

すると、『本当にブロックしてもいいですか?』という画面になるので『ブロックする』をクリックします。

これで、相手をブロックしたことになります。

 

作業自体は、たったこれだけです(゜Д゜)!!

簡単でしょう?

 

もし、ブロック相手を確認したい場合は、自分のマイページから確認が出来ます。

 

 

マイページ下に、『ブロック中ユーザー一覧』があるので、そこで確認することが可能です。

もし、ブロックを解きたい時も、ここから簡単に操作することが可能です。

 



【外注依頼】クラウドワークスのトラブルは事前回避することが可能

 

クラウドワークスで依頼をしていると、色々な方が仕事を受けてくれます。

主婦の方だったり、サラリーマンの方だったり。

 

空き時間でちょっとでも稼ぎたい!

という方が、クラウドワークスでは多いように思います。

 

なな
大体1ヶ月もすれば、依頼にも慣れてくるのですが、その頃からちょ~っと面倒な方が、ちらほら出始めるんですよね!

 

私の場合は、専らタスク形式で依頼をすることが多いんですが、タスクって結構時間が決まっていたりして、時間内にやらないといけない!という考えがあるようなんです。

 

そうなってくると、コピペ記事で投稿する方が増えてきます(^0^;)

しかも、1度非承認にしているのに、他の記事でまたしてもコピペ記事が!

 

ここまでくると、ちょっと驚きを通り越して、唖然としますが、こういった方がいるのも事実なんですね。

コピペリンでチェックすると、どのくらいのコピペ記事かなんて、すぐに分かっちゃうんですけどね・・・。

【外注依頼】記事が全てコピペ?悪質記事を見抜く最強ツール「コピペリン」

 

なな
しかも、コピペ記事を投稿した方って、結構覚えているようで、ユーザー名を見ただけで『またこいつか・・・』と思ってしまうんです!

 

仕方なく、何度かコピペ記事は非承認していたんですが、すると相手がなんだか強気になるんですよね( ̄∇ ̄)

クラウドワークスは、メッセージ機能があるので、そこから連絡が来ました。

 

内容としては、こんな感じですね。

何故非承認なのですか?
まっとうな理由ではなく、私が書いた記事の利用等をする場合は、こちらもそれなりの手段を使わせていただくつもりです。
ご理由をお教えくださいませ。

 

正直なところ、答える必要なくないですか?

コピペ記事を利用するメリットもありませんし、ましてや非承認の理由なんて、わかりきっていますしね・・・。

 

それでもメッセージが来たので、コピペ記事なので~とか言って送りました。

 

なな
これで、もうコピペ記事を投稿はしないだろう・・・と思っていたら、後日また同じ人からコピペ記事の投稿が発覚したんです!

 

『あ、こいつ懲りてないな?』と思い、またしても非承認にし、その後は『ブロック』しました。

さすがに、何度もこう非承認になってくると、相手の方もヒートアップしそうだったので、早めの手を打ちました。

 

事前のトラブル回避で、面倒なことにはならないので、こういったことが続く方は、早めのブロック対処が望ましいですよ!

 

依頼を発注・受注どちらも「ブロック」は有効

 

依頼を発注する側、受注する側『ブロック』対処はどちらにも有効的です。

仕事を受注する方をブロックすることの方が多いと思いますが、発注者の方をブロックすることも可能です。

 

どちらもやり方は上記と同じです。

クリック1つでブロックすることが出来るので、とても簡単ですね(^^)

 

また、相手をブロックすることで、相手とのトラブルを回避するための機能が働きます。

  • ブロックした相手は依頼画面に表示されない
  • 相手とメッセージの送受信が出来ない

 

ブロックした相手は依頼画面に表示されない

 

これは主に、仕事を探す時に実感しやすいと思います。

ブロックした相手は、「クラウドワーカーを探す」で表示がされなくなります。

 

発注者・・・ブロックした相手が仕事を受注することがないので、新しい方が仕事を受注しやすくなる。

受注者・・・ブロックした相手が表示されないので、間違って受注することがなくなります。

 



相手とメッセージの送受信が出来ない

 

ブロックした後に、相手から何かを言われるということがなくなります。

相手だけでなく、自分もメッセージを送ることが出来ません。

※相手とメッセージのやり取りがある場合、すべて終わってからブロックする必要もあります。

 

【まとめ】クラウドワークスは「ブロック」1つでトラブル回避が可能

 

クラウドワークスは、お金が絡んでいるので、作業次第では色々トラブルを舞い込んでしまうことがあります。

 

発注者だけでなく、受注者の中にもマナー違反の方もいるので、そういった方を見極めることも大切です。

 

なな
相手と揉めてからでは遅いので、『この人怪しい』『コピペ記事ばかり』となったら、早めにブロックしておきましょう!

 

ブロック自体は何も悪いことではないので、トラブルは嫌!って方は、このやり方を知っておいて損はないです。

むしろ、トラブルを事前回避出来てラッキー!くらいに思うはずです。

 

もし、これから外注化しようと考えている方や、今現在外注化に挑戦している方は、ぜひ上記のやり方を参考にしてみてくださいね(^^)