【クラウドワークス】外注依頼で失敗しないために気をつけたいこと

こんにちは。

今日は、外注依頼で失敗しないために気をつけることをご紹介します。

これから外注依頼を考えている方は、ぜひ知っておいて損はありませんよ(^^)

 

【クラウドワークス】外注依頼して早4ヶ月経過

 

私が外注依頼を開始して、早4ヶ月程度が経ちました。

 

なな
私が現在利用しているサイトは『クラウドワークス』です。

 

以前もお話しましたが、外注依頼する時に、安く依頼することが出来るので、クラウドワークスはお勧めです。

ブログサイト数最多!記事投稿が間に合わない時は外注を利用するべし!

【ブログ記事】外注を導入して1ヶ月|外注にかかった費用

 

そんなクラウドワークスを利用していると、外注依頼での失敗も出てきます。

相手の顔が見えないので、記事を作成する方によっては、悪質なものも存在します。

 

そういった悪質な記事に、お金を払ってしまわないためにも、依頼をして完成された記事には注意が必要です。

 



タスク形式での外注依頼

 

私の場合、ほとんどの依頼が『タスク形式』によるものです。

 

なな
相手との連絡が必要なく、依頼した内容に沿って、たくさんの方が記事を書いてくれるので、この形式を利用することが多いですね。

 

このタスク形式では、書きたいと思った方が、すぐに記事を書いてくれるというメリットがあります。

 

そのため、依頼した記事が完成するまでが、とにかく早いんです。

 

新規サイトを作りたい方や、とにかくすぐに記事を書いて欲しい方に向いている形式ですね。

 

そんなタスク形式で依頼をする時に、気をつけるべきことは3つです。

 

  • コピペ&誤字・脱字が多い記事
  • 依頼内容を全く読んでいないと思われる記事
  • 字のかさ増しをしている記事

 

コピペ&誤字・脱字が多い記事

 

コピペ記事や、誤字・脱字の記事が1番多いです。

 

他のサイトからそのままコピペしている方や、誤字・脱字が多く、全く読めない場合もありました。

 

なな
コピペは完全アウトですし、誤字・脱字が多いと、こちらで手直しするはめになります。依頼しているのに、こちらで手直ししては、依頼の意味がありませんね。

 

また、明らかに日本語になっていない文書もあったりして、見直していない方もいます。

こちらでの手直しが多いと判断した場合は、仕方なく『非承認』にすることもあります。

 

依頼内容を全く読んでいないと思われる記事

 

どういった記事を書いて欲しいのか、依頼する場合は細かく指示を出します

タスク形式の場合、作成する時間が決められているので、それほど難しい依頼は出しません。

 

なな
難しい指示だと、記事を作成してくれる方が少ないので、分かりやすい依頼内容にすることが大切ですよ!

 

そうして出来上がった記事の中には、依頼した内容に沿っていない記事があることも・・・

明らかに、依頼内容を読んでおらず、知りたいことが書かれていない記事です。

 

依頼内容が書かれていない場合も『非承認』としています。

 

字のかさ増しをしている記事

 

これもたまにあります。

依頼内容に沿った記事で、誤字・脱字もないのに、同じ文章が繰り返し使われている場合です。

 

たとえば、1,000文字を依頼した場合、最初の500文字は良い感じの文章なのに、501文字目以降からまた同じ文章となっていることがあります。

 

なな
同じ文章を使っているので、実質500文字程度の文章しかないということですね。

 

これはただ単に間違えたのか、それとも故意でやっているかは分かりませんが、こういった記事もたまにあるので注意が必要です。

 

外注依頼して完成された記事の見直しは必要不可欠

 

1度の外注依頼で、記事を50や100と募集することがあります。

 

なな
特に、新規サイトを立ち上げる時は、記事数が必要になるので、依頼する記事数は必然的に多くなります。

 

そういった時ほど、悪質記事を見落としがちなので注意してください。

 

コピペリンでの確認は勿論、自分の目で確認することが必要になります。

【外注依頼】記事が全てコピペ?悪質記事を見抜く最強ツール「コピペリン」

 

『最低でもコピペかどうかの確認だけしてください』

なーんて方がいますが、それだけでは不十分です。

 

実際コピペリンで確認した場合、字のかさ増しをしている記事は、普通にクリアとなっていました。

 

承認してしまえば、使えない記事にお金を払ってしまったことになります。

そうならない為にも、『コピペリン』+『自分の目』での確認が必要不可欠です。

 

外注依頼も決して無料ではないので、お金を払っている分、きちんと確認をしていきましょう!

 



外注依頼で良質な記事を増やす方法

 

最後に、外注依頼ですぐにでも出来る『良質な記事』を増やす方法をご紹介します!

 

外注依頼をしていると、やはり『記事の質』にも差が出てきます。

たくさんの方から記事を作成してもらうと、やっぱりそういったものも分かってきます。

 

そういった記事の中には、圧倒的に『読みやすい記事』『理解しやすい記事』なんかがあります。

 

なな
初心者ではなく、何度も記事作成をされた方ですね。圧倒的に文章力が違うので、記事を比較してみれば一目瞭然です。

 

そういった『良質な記事』を増やす為に、やることは1つです。

 

記事単価を上げることです!

 

結局はお金か・・・と思いますが、やはり手っ取り早いのがこの方法ですね。

 

低すぎる金額では、記事を書いてくれる方のほとんどが初心者だったり、試しに作成してみたという方が多いです。

 

逆に、記事単価を上げた場合、明らかに『記事の質』が上がったんです。

現金な話ですが、1記事300円よりも500円の方が魅力的ですね。

 

 

依頼内容は勿論、記事単価も確認している方は多いので、低い金額を付けるとそれなりの記事しか集まりません。

 

また、記事単価を上げることで、すぐに目標の記事数に到達するので、早く記事を書いてほしい人は、金額を上げてみてください。

 

驚くほど早く記事が集まりますよ(^^)