【https】SSL化なのにセキュリティで保護されていない時の対処方法

SEO

 

 

こんにちは。

今日はブログやサイトで一番大切なURL=SSL化について解説していきたいと思います。

検索順位で上位にくるためにもこれは必須になってきますのでSSL化はしておきましょう。  

 

【https=SSL化とは】

 

2019年になると、このSSL化をしないとサイトやブログがGoogle検索などで上位表示することが難しくなっています。

当サイトもSSL化をしています。 

 

SSL化とはブログのURLに表示される「https://~」のことです。

SSL化されていないサイト

http://affiliate-blog1.com

SSL化されているサイト

https://affiliate-blog1.com

要は「http」なのか「https」かの違いです。 

 

たたこれだけなのですがこれが結構重要です。 

 

たまにhttpから始まるURLのサイトを見かけますが、そういったサイトは「セキュリティが保護されていません」というように表示されています。 

 

つまりどういうことかと言うと、保護されていない=他から勝手にアクセスされる可能性があるということです。

これはサイト運営者側にとって最も危険なことです。

せっかく作り上げたサイトが乗っ取られたり改ざんされたりしてしまう可能性があるんです。 

 

こういった危険要素が出てくれば、読み手側としてもサイトを訪れようとはしないものです。

最近だとURLのSSL化がされていないとそれだけで読者が離れていくケースもあるそうです。 

 

またSEO対策としても「https」にしておくことは必要なことです。

サイトやブログを作成したらまずはこのSSL化をしっかりとやっておきましょう。 

 

【エックスサーバーでSSL化設定】

 

私はエックスサーバーを利用しているので、エックスサーバーでSSL化する方法を説明していきたいと思います。 

 

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

 

 

ドメイン→SSL設定をクリックします。

 

 

登録しているドメイン名がずらりと並んでいます。

SSL化したいURL横に「独自SSL」という項目があります。

0個と表示されているのはあSSL化されていないので、このURLをSSL化したい場合は0個の横の「選択する」をクリックします。

ちなみに1個と表示されているのはすでにSSL化がされているということです。  

 

 

「独自SSL設定追加」という項目があるので、ここでSSL化したいサイトを選択し「追加する」をクリックすれば完了です。

「SSL新規取得申請中です」が出てくればあとは待っているだけでOKです。  

 

ワードプレスのSSL化設定

 

エックスサーバーで設定をしたら、ワードプレスでも設定をしておきましょう。

設定→一般をクリックします。

 

 

2ヶ所変更します。

「http」→「https」に変更するだけです。

 

 

後は「変更を保存」をクリックすればワードプレスでの設定も完了となります。 

 

SSL化になっているのに「保護されていない」場合

 

大抵の場合は上記のようなやり方をすれば、URLがhttpsになり保護された状態になります。

↓こんな感じ↓

 

「https://」の前に鍵のようなマークがついていればOKです。

これはサイトを保護しているということ、つまり安全なサイトになっているということを証明しているマークです。 

 

ですがSSL化になっているのに、鍵マークが表示されないケースがあります。

実際に私もそういったことがあり焦った経験があります。 

 

↓こんな感じの表示↓

SSL化なのに鍵マークがない!?  

 

サイトのURL自体は「https」から始まっているのになぜか変なマークがついている。 

驚きすぎてどうしたらいいかオロオロしましたが、これにも対処方法があるので安心してください。 

 

鍵マークがついておらず、「保護されていません」「危険な状態です」なんてメッセージが表示されている時の理由として2つが上げられます。

  • 画像のURLがhttpsではない
  • リンク先のURLがhttpsではない

このどちらかだと思われます。 

 

ちなみに私の場合は画像のURLが「http」になっており、これがサイトのURLに影響されたようです。 

 

画像のURLを変更

 

画像のURLが「http」のままの場合があるので、これを「https」へと変更していきます。 

 

メディア→ライブラリを選択しクリックします。

 

今まで使ってきた画像がずらーと出てくると思います。

 

その中の画像を1つクリックすると詳細が出てきます。

画像の詳細が表示されます。 

 

この右側にURLがあるので「http」のままであればこれを「https」に変更していきます。

いくつか画像があれば全て確認していく必要があります。 

 

画像のURLを修正するとサイトのURLも「保護されました」「安全です」といったメッセージに変わります。

鍵マークもつくはずなので修正したら確認してみましょう。 

 

リンク先のURLを変更

 

これはあまりないようですが、画像も修正してダメな場合はこちらも確認してみてください。 

 

リンク先のURLを打ち込む際にリンクタグを使ったり、HTMLに直接貼り付けるといったことをすると思います。

 

 

どちらのやり方でもいいので、リンク先を貼り付けた後にURLを確認してみてください。 

 

http://から始まっているようであれば、これをhttps://に入力し直してみてください。

リンク先のURL変更はこれでOKです。 

一応リンク先へと飛ぶか最後にクリックして確認してください。 

 

画像かリンク先かこのどちらかが影響してサイトのURLが保護されていないと表示されることがあります。

そういった時は1つずつ見直していけば解決するのでやってみてください。